あまり着る機会のないドレスは購入するよりレンタル

レンタル ドレス

冠婚葬祭で、突然やってくるのはお葬式です。入学、卒業、結婚、お祝いというものは、基本的にはスケジュールされており、数か月前から用意することができます。お葬式は突然ですので、喪服などは用意しておく必要はありますが、お祝いの席のドレスはレンタルをして、ヘアセットをするだけの時間を用意することができます。ですからドレスを頻繁に使う方以外は、ドレスを購入して用意しておく必要はないです。また保管に非常に気を使います。普段着洗いで洗えるものでもなく、虫干しをする必要もあり、防虫剤の匂いにも気を付ける必要があります。ドレスのクリーニング代は通常のスーツよりもお金がかかる事もありますし、生地によっては、信頼できるクリーニング屋さんを探して依頼する必要があります。個人店の腕の確かな所でなければ生地が痛みかねないからです。それならドレスをレンタルする方が、クリーニング代はかからずに済みます。

ドレスをレンタルするのなら、日程管理をしっかりと

ドレスのレンタルを嫌だと思う方は、人が使った物のシミや劣化、レンタルしてもサイズが合わなかった場合など、さまざまな理由があります。レンタルは確かに配送という形もありますが、実店舗でのレンタル店もあるので、実際に着て着心地などをみることもできます。ネットでのレンタルでも、サイズなどが合わなければ交換することも可能です。ここで必要なことは時間です。試着して代わりを用意する時間も必要になりますので、よほど急なお誘いで無いかぎり、余裕を持っては基本です。またもちろんドレスだけでなく、カバンや靴などもレンタルすることができます。カバンはともかく、靴に関しては特に余裕が必要です。パーティーの間、靴の履き心地が悪い、もしくは全く足に合っていない場合、苦痛の時間が続き、パーティーを楽しむことが出来ないからです。

その時の気分で選べるレンタルドレス

レンタルドレスの使用感を気にする方は、やはりメリットは少ないですが、これは保管方法の仕方によって変わります。しかし借りる事ができれば、管理はしっかりされているので、服の管理が苦手な方にとっては、レンタルは非常に助かるシステムです。なによりも場所をとらないという事は非常に高いメリットです。ウェディングドレスほど場所をとるものではないですが、畳んだり、他の服に潰されるように保管をしてしまうと、服がよれてしまいます。そしてなによりお金がかからない点です。購入に数万から数十万、その他アクセサリーなどの付属品も加えると、さらにお金がかかり、クリーニング代がかかりますが、レンタルでしたら、1万円前後となります。小物を加えても数万円もかからないので、非常に助かります。また年齢によって着やすいデザインは変わりますから、結局購入しなおすよりも、その都度レンタルする方が、結局効率が良いのです。

ご利用者8万人超、商品レビュー3.5万件! レンタルバッグ1000円OFFキャンペーン実施中(9月10日まで) 可愛く、品のあるブランド商品。「これがレンタルドレスなんて信じられない!」とたくさんの声をいただいています。レンタルドレスをお探しならワンピの魔法がおすすめです!