ドレスはレンタルすると購入よりもこんなにお得

レンタル ドレス

通常、ドレスを着る機会は頻繁ではなく、結婚式やパーティーなどの特別なときだけです。そのため、短期間で同じドレスを着る機会は多くて数回です。長期間着ることを踏まえて、流行り廃りのないものを選んだとしても、体形の変化から着ることができなくなってしまうこともあります。ドレスを選ぶ際、購入できる業者と同じくらいレンタルできる業種は多数あり、品質やデザインの豊富さはどちらも変わりません。その場合、金銭的にお得なのは圧倒的にレンタルです。予算内では購入できないドレスでも、レンタルだと手が届きます。何度も着るものではないため、そのときの思い出として残ることを考えればどちらも同じです。さらに、レンタルの場合は保管する手間がかかりません。購入した場合、高価なもののため簡単に処分するわけにはいきません。次に着る機会があるかどうかわからないものを保管する手間をかけることは、避けたいです。

ドレスを選ぶ場合に大切なポイント

ドレスを購入するか、レンタルするかを検討する場合、金銭面、品質、デザイン、保管や管理について考える必要があります。まず、金銭面と品質、デザインから比較すると、同じ金額で高品質なものを着ることができるのはレンタルです。しかし、レンタルの場合は、流行りのものや人気のあるものを確保するのは難しいこともあります。また、きれいではありますが、新品ではありません。一方、購入したドレスは、保管場所を確保し、保管するためのクリーニングやメンテナンス代がかかります。しかし、自分のものであるため、着ている間に汚してしまうことへの心配は特にありません。しかし、レンタルしたドレスは、汚してしまった場合のクリーニング代がかかりますので、注意して扱う必要があります。返却してしまえば、保管の必要もなくその後の手間や費用は一切かかりません。

ドレスは長期間、繰り返して着るものではない

一般的にものを選ぶ際、長く使うことを前提としたものに対しては、デザインの飽きがこないものや高品質のものを検討することが多いです。長期間使う予定のものが、買ってすぐに破損したり壊れてしまって、修理代や買い替えにお金がかかってしまっては話になりません。しかし、最近は、業者が増えたこともあり、例えば一定期間だけ必要な子供用品や一定期間だけ住む場合の家具などにレンタルを使用することが増えてきました。一定期間しか使わないものは、使い終わった後の保管場所や処分の手間を考えると、借りた方がよく、また金銭的にも購入するより安くすみます。これらと同じように、ドレスについても一つのドレスを長く着ることはまれで、通常、着るとしても一度か二度です。そのため、レンタルするほうが得であると考えられます。